あけぼの秋田

2019年9月10日

団体名(フリガナ)

あけぼの秋田(アケボノアキタ)

 

代表者名(フリガナ)

佐藤 清子(サトウ セイコ)

 

PR

秋田にあけぼの会が設立してから令和元年で31年となりました。
体験者と話してみませんか、日常の過ごし方や、情報を得る事が出来る場所です、1人で悩まず、明日に希望を持って生きて行きませんか。
      
あけぼのハウス
 中通総合病院 毎月第3火曜日 14:00~16:00 

何処の病院の患者さんでもどうぞおいでください。家族の方、術前の方。


ひだまりハウス
協働社 大町ビル 第4火曜日 2月・4月・6月・8月・10月13:30~15:30
病院とは違った雰囲気でお話出来ます。治療中の方へ贈るタオル帽子作りもします。

 

主な活動内容

❤ABCSS 患者ハウス あけぼのハウス、ひだまりハウス、体験者が対応する。
❤全国一斉「母の日キャンペーン」マンモグラフィ無料検診、秋田市、大館市、横手市県内3箇所で乳腺専門医の協力を得て実施、自己検診・早期受診・マンモグラフイ検診の啓発運動・乳がん死ゼロを目指して。秋田市で実施の日は秋田大学保健学科の学生さん達とのランチ交流会を開催。将来乳がん専門ナースとして携わる事を願って。
❤ピンクリボン in AKITA 実行委員として、10月乳がん月間に県内で企画開催する
❤協力活動 「健康&ヘルスチエック」 県保健事業団・秋田県対がん協会・あけぼの秋田が後援として、県内の開催場所で「乳房触診モデルによる自己検診体験」早期検診を願って。
❤協力活動 のしろ健康21「健康展」能代健康づくり課・能代市健康推進協議会からの依頼により能代文化会館で大きな健康フエアが開催される、あけぼの会がブースを担当市民に対応する。「乳房触診モデルによる自己検診体験」コーナー。
❤「ハーモニープラザまつり」秋田県中央男女参画センター企画 活動記録展示、書籍販売
 「乳房触診モデルによる自己検診体験」コーナーを実施する。
❤めざせ健康寿命日本一 「応援フエア」健康づくり県民運動推進協議会主催 
「乳房触診モデルによる自己検診体験」ブース、「自分の命は自分で守る」早期検診を願って。
❤「講演とクリスマス会」12月 顧問医、乳がん専門医の他に。他の科の専門医を招いて講演をして頂く、終了後ランチ会を楽しむ。
❤ がん教育授業 秋田県教育庁 、分野にもよるが講師として専門医の講義と中学校、高等学校に出向いて、体験者として講話をする

 

設立目的

1.体験者が集まって話し合いの場を持ちたい
2.患者同志が交流を図り、お互い励まし合い、社会復帰に役立てる
3.共に学ぶ

 

会費 年

入会金

会員数

2,500円 ナシ 40

 

活動地域

全県
全国

海外
 

事務局住所

〒010-0925

秋田市旭南2-4-24


担当者 : 佐藤 清子

電話 : 018-824-2750  FAX : 018-824-2779

E-mail : sato-seiko●peach.plala.or.jp  URL :


※ E-Mailアドレスにメールを送る際には「●」の部分を「@」にしてください

 

 

地域

秋田市

 

活動分野

保健、医療又は福祉
社会教育