NPO特定非営利活動法人健康増進活動支援協会

筋力をつけることで転倒しにくい足腰をつくり、さらに心肺機能を高め、骨を強化することができる。

TOP » 骨格矯正

  • ホーム
  • 理事長紹介
  • 理事の紹介
  • NPO法人目的
  • 秋田を鍛えろ
  • イベント・講演
  • アキタ健康フェスタ
  • 骨格矯正
  • 加圧トレーニング
  • 関連リンク
車椅子に座る写真
孫と夫婦
骨格矯正

身体の痛みの原因は、
ほとんどが背骨の歪み(骨盤のズレ)から起こります。
身体を正面から見た場合、
その歪みを補正するために私達の身体は
自然に骨盤や背骨をズラして生活に支障の無いように
調節する機能が備わっています。
しかし、この状態が長く続くと
歪んでいる関節の周囲の筋肉や神経に
負担をかけ内臓器官にも影響を与えます。
これが結果的に体調不良の原因ともなるのです。
骨格の絵

また、骨格の歪みは、ほとんどの場合において生活習慣が原因です。
座り方や立ち方から、加齢や運動不足による筋肉の衰え、スポーツによる肉体の故障など。
ひとつひとつの要因が線になり、からみ合っている状態です。
これらの要因により、
筋肉、筋力が低下し骨格を維持出来なくなり、
体調不良及び、病気の原因と成ります。
骨を支えているのは筋肉なのです。
その為にも、短時間、低負荷、短期間で効果の出る
加圧トレーニングが最高なのです。


健康アドバイス
病気・痛み・コリ等は骨格矯正で改善できます。
タウン誌 平成23年9月28日(水)

健康アドバイス ■骨格の歪み
体の体軸(骨盤・脊髄)が、歪み(ズレ)の無い状態に維持できれば、血液の循環もスムーズに全身に回り、病気・痛み・コリ等はおこりません。つまり体は、足・足根骨―膝―股関節―骨盤―腰椎―胸椎―頸椎―頭蓋骨まで、全身のキネマティック・チェーン(連動連鎖機能)で動いています。ですから体軸(骨盤・脊髄)がズレ(歪み)ていると、体はスムーズに動きません。それに伴い血液の循環も悪くなり、疾患がおこります。
健康アドバイス
■バランス調整法
全身の歪みを矯正して、左右対称状態に整える事により、体の重心も良くなり、バランスが整います。この事により、血流・リンパ・体液の滞りを解消し、自律神経も安定し、正常になります。又、ダイエットにも即効性があります。

■骨格を正常に維持するのは“筋肉”です。
例えば冬道を運転している時、轍におちて上がってもハンドルを押さえる力が弱ければ、ズレ(歪み)やすくなります。その為にも筋肉強化が必要となります。 筋肉を強化する為には、一般的な方法として、ウエイト・トレーニングがあります。しかし高齢者の方には、なかなか出来ません。今、トップアスリートや芸能人の間でブームに成っている加圧トレーニングは、短時間低負荷、短期間で効果が現れます。加圧によって筋肥大は勿論のこと、怪我、病気などのリハビリにも良く、更に血行が良くなる事で若返り(アンチエイジング)効果もみられます。又ダイエットにも抜群です。

■ロコモティシンドローム(ロコモ)
筋肉・関節・骨といった運動器の機能が衰える事によって、日常生活での自立度が低下し、介護が必要となったり、寝たきりになる可能性が高い状態を言います。ロコモにならない為に筋肉トレーニングが必要です。今から“貯筋”しましょう。

■アスリートは練習よりもコンディショニングが大切です。
例えば、骨格の歪みで、右肩が下がっている人は、右足が短くなっています。(特例として、側湾症の方は逆です)野球選手でいうと、この様な状態でプレーしても、パフォーマンスは上がりません。骨格の歪みには十分注意しましょう。

■いろんな治療法や施術法もありますが?
結局は骨・骨格そのものを矯正しない事には、根本的に改善しません。つまり病気や怪我、スポーツ障害等で苦しんでいる方は肩の高さ、足の長さが違っているので骨格矯正が必要です。
1回で矯正する技術を持っています。又、リバウンドしない為のケア・トレーニングをお教えします。