クリスバズビー報告抄訳  

放射能の危険に関する欧州委員会 ( the European Committee on Radiation Risk, ECRR ) の学術部局長、クリス・バズビー博士が発表(3/30)した福島原発事故の影響に関する報告書から結論と勧告の部分を和訳します。

1.ECRR の危険評価モデル(危険率モデル)を、福島原発惨事から半径100キロメートルの範囲に住む3百万人に適用した。こうしたひとびとが一年間同じところに留まると仮定した場合、この方法で予測される癌増加数は今後50年で約20万人、そのうち10万人に今後10年で診断が出ることとなる。即座に退避した場合、増加数は著しく減少する。事故原発から100〜200キロメートルの範囲に暮らす7百万人について予測される癌増加数は、今後50年で22万人を若干超えるものとなり、今後10年でそのうち約10万人に症状が出る、とみられる。この予測は、ECRR の危険評価モデル、ならびにチェルノブイリ事故後のスェーデンにおける癌危険率に関する調査結果に基く。

2.国際放射線防護委員会 ( ICRP ) のモデルを用いた場合、半径100キロメートル範囲に住む人間の癌増加数は2838となる。従って、最終的な癌増加数が ECRR と ICRP の危険評価モデルの優劣を決める新たな試験となろう。

3.日本の文部科学省が公表したガンマ線量に基く計算値を使い、認知されている科学的な方法により、計測地点の地表汚染を逆算することができる。その結果が示すのは、国際原子力機関 ( IAEA ) の報告は汚染レヴェルを著しく過小評価していることである。

4.放射性同位体による土壌汚染の計測を早急に行い、注意を喚起してゆくことが求められる。

5.福島原発から100キロメートル圏内北西地域の住民は即座に退避し、この地域を危険区域(立ち入り禁止)とすることが求められる。

6.ICRP の危険評価モデルを使うことはやめて、すべての政治判断を「放射能の危険に関する欧州委員会」の勧告に従って下すべきである。www.euradcom.org

これは「2009レスボス宣言」に署名した、放射線の危険に関する著名な専門家の出した結論である。

7.故意に情報を一般市民から隠した者に対する捜査と法的制裁を行うべきである。

8.報道においてこの事故が健康に与える影響を矮小化して伝えた者に対する捜査と法的制裁を行うべきである。

Chris Busby, “The health outcome of the Fukushima catastrophe: Initial analysis from risk model of the European Committee on Radiation Risk ECRR.”  http://www.

fairewinds.com/sites/default/files/fukuhealthrept.pdf  ( 2 April, 2011 )