真瀬山荘の春 



早春の真瀬川
早春の真瀬川
早春の真瀬川は残雪が多くその年にも由りますが遅くまで残ることも有ります。


落葉木の根明け : 樹木に日光が当たり少し蓄熱するため根の周りの雪が早く消えます。根明けが始まると春はもう直ぐです。
落葉木の根明け
落葉木の根明け


蕗の薹(フキノトウ) : 菊科
ふきのとう
雪が消えるのを待っていて消雪と同時に蕗の薹(ふきのとう)が咲きます。蕗の花です。当地方では雄花と雌花が有ると云われています。


例年、除雪が終了し林道が開通するのは五月中旬〜下旬頃です。もう少し早くと思うのですが路肩の崩落が有ったり雪崩等が発生し易く無理なのかも知れません。
除雪が終わると道路開通
除雪


イワカガミ(岩鏡): イワカガミ科
イワカガミ
岩場などの崖にイワカガミが可憐な花を咲かせます。


咲く期間は短くとも「もみじの花」はとても綺麗です、勿論秋の紅葉はもっと綺麗です。
カエデモミジの花 : カエデ科
モミジの花


山ざくら : ばら科
やまざくら
やがて山笑う春、山荘の窓から満開の山桜、思わず景色に見惚れてしまいます。


山荘の庭に谷空木(たにうつぎ)が咲くと白神山地の春本番です。
谷空木(たにうつぎ): スイカズラ科
たにうつぎ


新緑の山
新緑
全山、淡い翠、薫風爽やかにそよぎ、「気も身も心」もリフレッシュ出来る最も気持ちの良い季節の到来です。

    |- 真瀬山荘の夏 -| |- 真瀬山荘の秋 -| |- 真瀬山荘の冬 -| |- 真瀬山荘の春 -|    |- HOME -|