自然保護 白神山地あちらこちら 2 ナマハゲ

(津梅川上流)
釘で打ち付けられた看板
<ホーロー看板>
 左の写真を見て下さい。白神山地の中で風雪数百年を生き抜いたブナの木の一本です。良く見ると下のほうに看板が釘で打ち付けて有ります。人工造林地だそうです。以前は国立公園などでも良く同種のやり方の看板が見られましたが最近はスプリングなどの緩衝材を使用しているようです。これは何時変えられるのでしょうか? 楽しみに待ちたいものです

(真瀬川上流)
鉈目のブナ
<ナタ目>
 左の写真を見て下さい。白神山地の中で風雪数百年を生き抜いたブナの木の一本です。ナタ目が刻まれています。文字は中々味わいが有り、さすが昔の人はと思います。最近の人のナタ目は余りにも稚拙です。しかしこの様な行為は子々孫々末代までの恥と考えますが如何でしょうか。因みに氏名も読めるのですがあえてボカシを入れました。ついでに申し上げますと立入り禁止区域の粕毛川上流部にはナタ目の名所が有り多数の傑作が有ります。その中には某営林署御一行様の物が数箇所に有ります。ここが立入り禁止になったのは自然保護運動家K氏の働きによると云われておりますが本当の理由は別の所に有るのかも知れません。

|- 自然保護 白神山地あちらこちら 3 -| |- 自然保護 白神山地あちらこちら 1 -|   |- HOME -|