ホッキョクグマ(シロクマ)Polar Bear

 ホッキョクグマは、北極圏に生息するクマ科の大形肉食動物だ。全身が白い毛でおおわれているため、「シロクマ」とも呼ばれる。メスよりオスの方が大きく、オスでは最大で体長2.5m以上、体重800kgを超える場合もある。体の割に頭は小さく、鼻の頭が黒い。普段は氷の上で生活し、大きな前足で上手に泳いだり水中に潜ったりして、北極に住むアザラシやセイウチの小どもなどを捕まえて食べる。冬になるとメスは雪に穴を掘り、その中で1頭か2頭の赤ちゃんを産み、育てる。寿命は約20年ほどだ。ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)では附属書U(取引が厳重に規制されるが、許可があれば輸出入できる)に該当する。

 ホッキョクグマは1990年代には絶滅の可能性は低いとされていたが、IUCN(国際自然保護連合)は2006年5月に公表したレッドリスト(絶滅のおそれのある種のリスト)で、危急種(VU)に指定した。IUCNはその理由として、地球温暖化などに伴い、北極圏で急激に環境破壊が進んでいることをあげている。日本の2007年版環境・循環型白書によると、ホッキョクグマは、海の氷に開いた穴から息継ぎをするために顔を出すアザラシを捕まえて食べ、脂肪として蓄えるが、地球温暖化により海氷がなくなると、アザラシが獲れなくなる。すでにカナダのハドソン湾における調査で、ホッキョクグマの平均体重が1980年の295kgから2004年には230kgに減ったという結果が出ている。

 また、ホッキョクグマなど海洋地域に住む生物の体に、人間がつくり出した化学物質による異変も起きている。PCBやDDTなどの残留性有機汚染物質(POPs)は、国境を超えて移動し、生物の体内、とくに脂肪分に蓄積されることが知られており、ホッキョクグマやアザラシなどからそれらの化学物質が検出されている。さらに、地球温暖化などによる環境への影響により、50年後にはホッキョクグマが3分の1に減るという研究報告もあり、アメリカ政府はホッキョクグマを絶滅危惧種に指定する方針を打ち出している。また、環境NGOのWWFは、ノルウェーのスバールバル諸島で、「ホッキョクグマ衛星追跡プロジェクト」(Polar Bear Tracker)を行っている。この調査は、ホッキョクグマの生態や行動を衛星によって調べるもので、WWFでは、「北極圏における地球温暖化の影響を知る手がかりとなるもの」としている。

 一方、ホッキョクグマは世界各地の動物園などで飼育されており、日本でも、北海道の円山動物園や旭山動物園、秋田の男鹿水族館、東京の上野動物園、大阪の天王寺動物園など、多くの動物園や水族館でその姿を見ることができる。また、ドイツ最古の動物園であるベルリン動物公園にいるホッキョクグマの「クヌート」は、赤ちゃんの頃から同国だけでなく世界中で大変な人気となった。同園ではクヌートを環境保護大使として位置づけ、クヌートのファングッズの収益金を、ホッキョクグマ研究などの環境保護プロジェクトの資金として援助している。

 子どもから大人まで幅広い人気のあるホッキョクグマの人気にあやかりつつ、その保護に取り組もうという動きは日本にもある。札幌市の研究開発型ベンチャー企業は、ホッキョクグマをモチーフにした保冷機能付ランチボックスの売り上げを、同市の円山動物園へホッキョクグマのえさとして寄付している。本業である自社製品の販売を通して、ホッキョクグマの危機や温暖化防止などを訴える取り組みとして注目される。このほか、2008年1月公開の自然ドキュメンタリー映画「アース」では、ホッキョクグマがゾウやザトウクジラとともに主役として描かれている。

Q: ホッキョクグマと地球温暖化との関係は?
A: 地球温暖化の進行によって、ホッキョクグマの生息状況が悪化しているそうだが、どのような関係があるのだろうか?
ホッキョクグマは北極圏に住む大形の肉食動物だ。しかし、地球温暖化の影響により北極圏で海氷がなくなりつつあり、その住みかが狭まりつつある。また、ホッキョクグマは、海氷に開いた穴から息継ぎをするために顔を出すアザラシを捕まえて食べ脂肪として蓄えるが、海氷が少なくなってアザラシが獲れなくなっているため、ホッキョクグマの平均体重が減りつつあるという調査結果もある。こうした状況を受けて、IUCN(国際自然保護連合)は2006年5月に公表したレッドリスト(絶滅のおそれのある種のリスト)で、ホッキョクグマを危急種(VU)に指定した。一方、(独法)海洋研究開発機構などが2007年8月に公表した解析結果によると、北極海での海氷面積は観測史上最小を記録し、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が第4次報告書で予測した北極海での海氷の減少を大幅に上回っており、北極圏の海氷はますます危機的状況にある。ホッキョクグマなど野生生物の住みかを守るためにも、地球温暖化を防ぐ必要がある。

Q: ホッキョクグマの体から化学物質が見つかるのはなぜ?
A: 北極圏に住むホッキョクグマの体内から、人間がつくり出した化学物質が検出されるのはなぜだろうか?
ホッキョクグマは、北極圏に生息する大形肉食動物で、アザラシなどを捕まえて食べ、脂肪として蓄える。しかし、ホッキョクグマなど海洋地域に住む生物の体から、PCBやDDTなどの残留性有機汚染物質(POPs)が検出され、大きな問題となっている。他の大陸で生活する人間がつくり出した化学物質が、北極に住むホッキョクグマなどの体内から見つかるのは「生物濃縮」を繰り返した結果だ。海などの自然環境に排出された化学物質は、小さなプランクトンの体内に入り、それを食べる小魚、小魚を食べるアザラシ、アザラシを食べるホッキョクグマという食物連鎖を経て、どんどん濃度を濃くしながら生物の体内、とくに脂肪分に蓄積されていく。ホッキョクグマは食物連鎖の頂点にいる生物のひとつであり、その生物濃縮の度合いは非常に高く、命にかかわる障害を引き起こす場合もある。POPsの国際規制を強化し、環境への放出を防止することで自然の生態系への影響をなくすため、2001年にストックホルム条約(残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約)が採択された。

資料:WWFホームページ
http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/lib/polarbear/index.htm
北極圏を温暖化が襲う  北極圏や、ヒマラヤなどの高山帯は、地球温暖化による平均気温の上昇率が、地球上でもとりわけ高いといわれ、温暖化の影響が顕著に現れやすい環境といわれています。
  IPCC第4次報告書によれば、地球の平均地上気温は、20世紀の100年間に、約0.74度上昇したことがわかっていますが、これはあくまで、地球全体の平均値。北極圏だけで見ると、その2倍の2度以上も平均気温が上昇しました。また、北極圏では、夏の終わりから、秋の初めにかけての季節に、北極を覆う海氷の厚さが、約40%も減少したといわれています。

 

地球温暖化でホッキョクグマが絶滅する?

Photo(C)WWF-Canon / Michel TERRETTAZ  北極圏にしか生息していないホッキョクグマは、北極圏がこれ以上暖かくなると、生きていくことができません。北極圏では、この100年間に平均気温が2度以上も上がったといわれていますが、このような環境の激変は当然、ホッキョクグマにもさまざまな、そして深刻な打撃を与えます。
  現在、北極圏には、2万〜2万5,000頭のホッキョクグマが生息しているといわれていますが、全体的に数が減少していると考えられています。IUCN(国際自然保護連合)は、2005年10月に発表した「レッドリスト」(絶滅のおそれのある野生生物のリスト)の中で、ホッキョクグマを絶滅の可能性がある「危急種(VU)」としてリストに掲載しました。


氷が減ると、ホッキョクグマがやせる?

Photo(C)WWF-Canon/WimVAN PASSEL WWFが調査を行なった、ホッキョクグマの生息域の南限にあたるカナダのハドソン湾では、海を覆う氷が溶けるのが一週間早まると、ホッキョクグマの体重が10キロも減り、健康状態も悪くなったことが確認されました。特にメスグマの場合は、北極の気温が1度あがると、体重が22キロも落ちることがあります。
  これは、春と秋の季節に海の氷の上で狩りをする、ホッキョクグマの習性と大きなかかわりがあります。ホッキョクグマは主に、氷の下に隠れているアザラシを食べますが、温暖化によって夏が長くなり、氷の解ける期間が長くなると、アザラシが獲れなくなってしまいます。これが、ホッキョクグマがやせてしまう、原因のひとつになっていると考えられています。
 

仔グマにはどんな影響が?

Photo(C)WWF-Canon / Michel TERRETTAZ  ホッキョクグマのお母さんは、北極圏の秋が深まる10月頃になると、赤ちゃんを産むために雪洞をつくり、そこを巣穴にして巣篭もりします。それから再び春が訪れるまで、100日の間その中ですごし、赤ちゃんを産み、母乳を与えて育てます。その間、母グマは何も食べません。
  しかし、冬ごもり前にアザラシなどが十分に食べられないと、母グマは栄養不足になり、それが、生まれてくる仔グマの発育にも深刻な影響を及ぼします。実際、1980年から1992年の間にハドソン湾で生まれた子グマの生存率は44%と非常に低かったことが分かっていますが、その大きな原因の一つは、母乳に含まれる脂肪分の不足であったと見られています。
 

温暖化は今も進んでいるの?

Photo(C)WWF-Canon/WimVAN PASSEL  現在、北極では、温暖化による気温上昇のため、海を覆う氷の面積がどんどん減り続けています。特に、夏の間、海上に残る氷の面積は、1970年代に比べ、4分の3まで減少してしまいました。春の訪れが早くなる一方、秋の訪れが遅くなり、結果として北極圏が広く氷で覆われる期間が、どんどん短くなっています。
  そしてこの傾向は、今後さらに加速するおそれがあります。二酸化炭素の濃度が現在の2倍になったら、夏の氷は60%も減少し、現在は2週間ほどしかない北極圏の夏が、大幅にのびると予想されます。
  すでに、カナダのハドソン湾では、1987年に1,200頭いたホッキョクグマが、2004年には950頭以下にまで減ってしまいました。 100年後、ホッキョクグマが生きられる環境が北極圏に残っているかどうか、深刻な問題になろうとしてます。
 

ホッキョクグマを調べると何がわかる?

Photo(C)WWF-Canon /Tanya PETERSEN  ホッキョクグマのくらしは、北極の自然サイクルと深く関わっています。このホッキョクグマの生態と、その変化を調べることは、北極圏の自然の変化、温暖化の影響を知る、一つの手がかりとなります。
  WWFが現在取り組んでいる「Polar Bear Tracker 〜ホッキョクグマ衛星追跡プロジェクト」では、ホッキョクグマに電波発信機をつけ、人工衛星で追跡しています。調べているのは母グマで、その行動からは、連れている仔グマの成長具合もわかります。
  そして、ここで集められたデータは、例えば海に氷がはる時期や範囲に変化が生じたとき、ホッキョクグマたちの行動がどう変わるのか、また、どうやってその変化に適応しているのか、あるいは適応できない状況に陥っていないかなどを知ることにも役立ちます。

HOME